愛車のBMWです。

BMW大好き日記です。今日もよろしくです。東北地方の駐車場で冬に必須の装備は何かみなさんは、わかりますか? 駐車場の融雪設備です。私の住んでいる東北地方の豪雪地帯では、便利な設備です。パイプから、小さな噴水のように井戸水を出す仕組みなのです。解説しますと、
(1)井戸水をポンプくみ上げます。
(2)くみ上げた井戸水を駐車場に流します。
(3)その井戸水で駐車場の雪が解ける、
こんな仕組みです。井戸水は、年中温度が同じなので雪を解かしてくれるのです。雪国になると、こんな設備も必要でいろいろとお金がかかるのです。雪の降らない地域の人がうらやましいです。

さて、BMWのホームライト機能ってしっていますか?エンジンを切ったあと、ヘッドライトが一定時間だけ点灯してくれる機能です。もちろん、オンオフ可能です。車から離れるとき、夜ですが、明るく照らしてくれるので便利な機能なのです。最初、この機能を体験したとき感動しました。はじめてだったからです。他の外車についているかどうかはわかりません。今は多くの外車にはあるのかもしれません。国産の車ではなかったような気がします。そんなBMWがカッコいいのです。
お気に入りの機能なので、必要以上にこれを使ってます。明るすぎるくらいの昼間の駐車場でもひんぱんに使っております。外から見る自分の車のライトが光っているのが、なんとも好きなのです。

先日も、ファミレスの駐車場でこの機能を使っておりましたら、他のお客さんに笑われてました。明るい駐車場なのになにやってんだ、という感じだったのです。シフトパドル奥に、そのスイッチがあります。シフトパドルとは、ハイビームやパッシングするときに使うレバーです。あっ、ウィンカーでした。この車は外車ということで、特有のトラブルが起きます。時には部品交換ということもあります。部品交換になると、部品取り寄せのために3週間かかる、なんてこともありました。そのようなことを差し引いても、この車はお気に入りです。さて、ブログはこのへんにして、ウチの犬に虫下しのドロンタールを処方してあげようと。