世の中の不正とパンプスの関係

週刊朝日がテレビ新潟の人気バラエティ番組の「不正」のことを記載しています。週刊朝日の言い分にテレビ人型は真っ向から反論している、とそんな状況ですね。こんなニュースともいえないニュースが今、話題になっていて、「ばかばかしい」と私は思うのです。所詮テレビ局の番組なんて、真実だけが入っているなんて誰も思っていないと思うのです。面白おかしくするために、真実のネタをベースにあれこれ、あることないこと、おおげさに言ってみたり、意図的に隠してみたりしているのは皆がうすうす知っているはず。ましてやバラエティ番組なんて、「やらせ」そのものなのです。

子供は内容を信じてしまうのかもしれないが、ほとんどの大人はみなさん、そんなこと当たり前田のクラッカーのはず。あのNHKでさえ、偏向報道がひどいのに、民放のテレビ局にそんなくそ真面目な番組を期待する方が間違っています。週刊朝日の方も、毎週のネタさがしで苦戦しているので、そんな「くだらないネタ」を狙ったのでしょう。みんなが知っているテレビネタであれば記事が売れるのでちょうどいいネタだったのでしょう。断っておきますがテレビ新潟を擁護する気はありませんよ。メディアの偏向ぶりはひどいですから。政治屋の答弁みたいな反論をしているところなんかを見ると呆れて開いた口が塞ません。さて、最近、公民館で体操を毎週するせいなのか、外反母趾がひどくなってきました。この外反母趾の具合は、飼っている猫の毛並みぐらい良くないものです。

ヒーチフィッターがいいのではと買ってきました。アシックスなどでもいいパンプスが出ているのでそちらも気になっています。頭がすごくいい、才色兼備な友人がいます。彼女は親からのハラスメントを受けて育ってきたようです。それまで必死で戦ってきた、メールしてくれてました。「あのとき苦しかったなあ」と私たちの気持ちが共感できます。ぼけた親が死んだりするとありがたい、と思ってしまいます。介護の大変さから離れてその苦しさから解放されます。