パンプスを買ってしまった

捨て時が来た、と感じる瞬間とはどういう時でしょうか。期限の切れたパンプスを捨てた話、マダムライフしております。半年後の引越しまでに、丁寧に捨てる衣類の断捨離を続けているのです。今までいかに、衣類と向き合ってこなかったのかに直面し、愕然としています。
今日捨てたこのパンプスもそのひとつ。くったくたになるまで、私のために働いてくれていたのだと、昨日思い起こしたのです。プーマのパンプスがお気に入りです。気づけば5年以上履いておりました。玄関にこの靴があったらどう思いますか。プーマのレディースパンプスですが、スポーツメーカーの有名ブランドであるプーマにレディースのもの、しかも「パンプス」や「ヒール」の商品があると教えてくれたのは、80才代の叔母でした。法事で颯爽と動く叔母に、つい声をかけてしまいました。

「ヒールなのに身軽に動くね。」叔母はへへへと笑い、自慢げにこう言いました。「だってこれプーマだもん。履きやすいからよ。」80才代の叔母が「超」履きやすいと豪語するプーマのレディースパンプス。果たしてどんなものだろうかと、「私も履いてみたい。」という思いで一杯になりました。
プーマの専門店へすぐに急ぎました、早速法事の帰り道でしたが、プーマの大型専門店に寄りました。プーマの専門店ではなんと、足のサイズを立体的にコンピューターで測定し、自分に応じた縦、横、足の甲の高さなどを印刷してくれるのです。しかも無料。買わなくてもこのサービスはすごいと思いました。

ここまでして自分に合う靴を見つけてくれるのですから、はき心地が大変よかったのです。そして私はここで一足パンプスを購入してしまったのです。断捨離チャンスの、これまでの連休をのらりくらりとやり過ごしやっと、昨日・・・1平方メートルからの掃除と言い聞かせて賃貸住宅の極狭玄関を掃除しておりました。靴の整理をするためにシューズBOXを買ってしまったのです。実は先日も会社の英語対策として、TOEIC模擬試験の申込みをして散財したばかりだったのです。自分自身に言い訳をしながらツッコミを入れてなんとか自分を奮い立たせ一足ずつ丁寧に入れ替えていきました。新しくて別にどこも傷んではいないハイヒールたちだけど、「もう、私、コレを履いて歩けない』とつくづく思った火曜日の夜でした。今度は秋のコートを捨てるチャンスが来たのです。おしまい。

最近の自分のダイエット食

その昔、自分がまだ20才代の若いころ、なんで、みんなダイエット、ダイエットと言っているのが理解できませんでした。しかし、自分の年令も人間の寿命と言われている年令の半分をとうに過ぎ、自分でも痛いほど、そのことが分かってきます。高齢化によって自分の代謝は若い頃と較べて、どんどん落ちてきているようです。若いころと同じように満腹で食べていると、体重が徐々に増えてくるのです。いや、そんなに、いうほど食べいないのにかかわらず、体重が増えてきます。その昔、体重が50kg台であったころもありましたが、あれから、体重は増加を続け、一時期は70kg台中盤までいきました。お正月、あと休日が食べ過ぎてしまう危険日です。これは職場でやったKYT(危険予知訓練)で、危険予知イラストで、お正月に食べすぎてしまう、ということを表したものがありましたが、まさにこれです。

このままでは体重が増え続けることがわかったので、食事の量を自然と減らすようにしました。かなり減ったと思ったのですが、それでも体重は減る、というところまで至りません。勤め人の場合、毎日運動をするということが、ほぼ不可能です。土日に数時間のジョギングをしたところで全く体重減には寄与しません。一番効果があるが、食事量を減らすということだったのです。そして、かなり、以前よりも食べないようにしているのにも関わらず、体重が減りませんでした。今では、朝はヨーグルトだけ、昼はおにぎり1個という状態でしたが、これでも体重が減らず、全く理解不能でした。米というのは相当なエネルギーが詰まっているようです。もっと、もっと食べないようにしないと、体重減、ダイエットには効果がないのです。楽しみの食事ができなくなるというのはなんとも寂しいことです。

ダイエットをしていると、「もっと、もっと、体重を減らさきゃ!」という、ダイエット地獄のスパイラルに陥りがちです。これはあんまりよろしくありません。体重だけは毎日モニターしておいて、日々のほとんどは、サラダのような低カロリーの食事を続け、たまには、外食や、腹いっぱい食べる日もある、そういう状態にしていきたいと考えています。

長野県のおっさんです

長野のJです。今年で40才となりました。

ブログを書くことになりました。仕事は市内の工場に勤めています。いたって普通の生活をしていると思っています。趣味はドライブですが、たまに蕎麦を自分で打つこともします。信州なのにわざわざ自分で蕎麦を打つのかと言われますが、やはり、自作した方が断然美味しい。面倒くさいのは確かにあります。料理が趣味という男性諸君をよく聞きますが、独り身ならいいですが、嫁さんがいる場合は「またか」といいはしませんがいやがられます。蕎麦はいいですが、嫁さんの領分を侵してしまうところがあると思っています。

さて、そろそろ秋、そして冬になりますが、自分は断然冬が好きです。なんというか田舎らしさを感じます。ということでした。